初期費用や機材は?動画投稿をYouTubeで始める為に揃えた物を紹介

YouTube運営
スポンサーリンク

どうも!玄野ダイチです。

YouTubeで「玄野ダイチの冒険ちゃんねる」というチャンネルを運営しています。

クオリティは実際動画を観てもらえばわかると思います。

【ヒッチハイク】熊本から鹿児島・宮崎方面へ!九州一周旅の奇跡と絶望

前々から動画投稿をしたいとは思っていたのですが、本格的な動画作りを始めるとなるといろんな機材が必要で、なかなか動画を出せずにいました。

ようやく最低限の機材をそろえて動画を出すに至ったので、これから動画投稿をしたいと思っている方のために、

  • 具体的にどんな機材が必要だったか?
  • 初期費用はどれくらいかかったか?

という2つのポイントについてご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

初期費用はどれくらいだった?

結論から言うと、動画投稿をするためにかかった費用は…

20万3千円ほどでした。


クロD
クロD

エグイ!(笑)


いかに安く機材をそろえるか悩みに悩んで、いろんな取捨選択があって最低価格に抑えた結果がこれでした。

ただ、僕の場合はほとんどの機材を買いそろえたので、すでに持っている機材などがあると安くなっていきます。

内訳を公開します。

  • PC:16万8千円
  • カメラ:2万4千円
  • カメラの予備バッテリー:2300円
  • マイクロSDカード1枚:1980円
  • 動画編集ソフト:6980円

初期費用のほとんどがPCにかかっていることが一目瞭然ですね。


どんな機材を具体的に使ってる?

具体的に、動画作りでどんな機材を使っているのかをYouTuberの1人としてご紹介します。


動画作りで使っているPC

まず動画づくりで肝心なのがPCです。

スマホでも動画作りはできないことはないんですが、人気YouTuber並みのクオリティを求めるのであればPCが必須です。

それも、結構な高スペックPCが必要になります。

僕が購入したPCはマウスコンピューターの「MB-J371SN-M2SH2-MA」。


マウスコンピューターのPCはスペックをカスタマイズできるので、オプションで16GBのメモリを搭載してもらっています。

13インチ、軽量設計で持ち運びもできるサイズ感。さらに高スペックだったため購入しました。

動画編集に使ってみた感じ…全く問題ありません。サクサクです。

10分程度の動画でも、書き出しが10分くらいでできます。

高スペックPCを買うなら絶対マウスコンピューターのようなBTOパソコンメーカーが安くてオススメです。


動画作りで使っているカメラ

僕の場合、動画撮影は2つのカメラを使っています。

1つは家庭用のビデオカメラ。CANON iVIS HF20」という10年以上前のビデオカメラで、家にあった物なので購入はしていません。

一応購入するなら「JVCKENWOOD GZ-R400」というビデオカメラを買おうと思っていますが。


2つ目のカメラはアクションカメラ。「SONY HDR-AS50」です。

これは楽天で購入しました。

僕の動画スタイル上、外での撮影が多いため、小さくコンパクトで据え置きで迫力のある映像が撮れるアクションカメラが必要だったので購入しました。

九州一周ヒッチハイク旅をした動画を撮影したのですが、とても重宝しました。


録画するにはSDカードが必要なので、別途「東芝 microSDHCカード 32GB」も購入。

これは絶対必要です。


ついでにカメラの予備バッテリーとして購入したのが、「Newmowa」というメーカーが出している互換バッテリーです。

純正品のバッテリーは高いのでこちらを購入。必要なければ買わなくてもいいでしょう。

使用感も、今のところ問題はありません。


動画作りで使っている動画編集ソフト

無料の編集ソフトだと限界があるという話は聞いていたので、安い有料ソフトを購入しました。

その名も「Wondershare Filmora(フィモーラ)」。

動画編集・作成ソフトのおすすめ!|Wondershare Filmora9(フィモーラ9、旧名:動画編集プロ)無料ダウンロード
Windows&Mac動画編集・動画作成ソフトのおすすめ!Wondershare Filmora9(読み方:フィモーラ9、旧名:動画編集プロ)は高性能で操作が簡単な動画編集・動画作成ソフトです。新作エフェクトコレクション定期更新!動画編集初心者の方はもちろん、効率的な動画制作ツールを求めるYouTuberの方々にも最適...

僕はたまたまキャンペーン中で6980円で購入しましたが、キャンペーン中じゃなくても7980円という、有料ソフトの中では非常にお手ごろな価格。

なぜフィモーラを選んだのかというと…

  • エフェクトや素材が豊富で初心者でも簡単にオシャレな動画が作れる
  • 7980円という動画編集ソフトの中では手ごろな価格
  • 商用ライセンス版にすればYouTube収益化もOK

というありがたいメリットがあるから。

実際、自分で言うのもなんですが無料ソフトで編集した動画よりは高クオリティな動画が作れていると思います。(笑)


商用利用はライセンスがないとできないのでYouTubeでの利用で使うのはためらいがちですが、ダメなのは通常ライセンスで動画の収益化をすること。

僕もいずれは収益化したいと考えていますが、その時は追加料金を払って商用利用版にアップグレードすれば何の問題もなし。

まだ収益化できてない状態なら、価格の安い一般ライセンス版でもOK。

よって費用を安く抑えることに成功しました。


無料の編集ソフトは嫌だけど、安い有料ソフトを使いたい!


そんなあなたは、フィモーラ一択です

無料お試し版もあるので、そっちで一度試してみてもいいと思います。


機材を安く買うならAmazonより楽天の方がいいかも?

以上が僕が動画作りを始めるにあたって購入した機材と初期費用でした。

安く済ませようと思えばできないことはありません。

スマホで撮って安いPCやスマホを使って無料ソフトで編集してアップすれば動画投稿はできます。

しかし、それだと動画の質は他の動画投稿者に完敗なのできっと誰も見てくれないでしょう。

そう思ったので、できるだけ安く機材を買いそろえた結果がこれでした。


そういえば、僕は楽天カードマンでバリバリ楽天ユーザーなので、実は楽天で購入して25000円分がポイントとして返ってきてます(笑)

だから実質、初期費用は17万8千円です。

「楽天で買い物をする」ってだけで2万5千円も得するので、これを機に楽天会員になってみるのもありっちゃあり?

オススメは欲しい物をAmazonと楽天で価格の比較をして、返ってくるポイントも差し引いた額がAmazonより安かったら楽天で購入。

Amazonの方が安そうだったらAmazonで購入すればお得に機材が揃えられます。

ぜひ参考にしてみてください!

動画編集にはMacよりWindowsのパソコンを勧める3つの理由
僕はYouTubeで動画をアップロードしていますが動画編集用のパソコン選びは相当時間をかけました。悩んだ挙句購入したのはWindowsのPC。Macとも迷いましたが、3つのシンプルな理由から今となってはWindowsのパソコンを選んで正解だったと思っています。