焚き火は準備が最重要!必要な道具と手順をソロキャンプ初心者向けに解説

キャンプ
スポンサーリンク

どうも!キャンプ経験ゼロの初心者の状態からYouTubeでソロキャンプの動画を投稿しているクロダイと申します。

この記事では…


焚き火に必要な道具って?

焚き火のやり方がわからない…


という疑問を持っているあなたに、1年で10回以上ソロキャンプに行った僕が、

・焚き火に必要な道具
・初心者向け焚き火のやり方の手順

をご紹介していきます。


スポンサーリンク

焚き火は準備が最重要!

焚き火は正しい手順で行わなければなりません。

そうしないと火が維持できず、すぐに消えてしまうからです。

何度も着火しては消え、また着火に挑戦し…と繰り返すのはめんどうですし、楽しいはずのキャンプの時間をロスしてしまうともったいないです。

そこで、焚き火をキャンプでやってみたいあなたに、焚き火に必要な道具と焚き火をする手順について解説していきます。


焚き火に必要な道具

焚き火に必要な道具は以下の通りです。

  • 焚き火台
  • 着火剤とマッチやライター
  • トング
  • 軍手

焚き火台

焚き火台とは、その名の通り焚き火をするための台。

キャンプ場では地面を焦がさないように「焚き火台必須」というケースが多いです。

僕の行ってきたキャンプ場も、焚き火台が必要な所が100%でした。

まれに直火OKなキャンプ場もあるようですが、キャンプ初心者の方は焚き火の要領がわからず山火事をおこしてしまったりすると大変です。

事故の防止もかねて、焚き火台は必ず用意しておきましょう。


僕の使っている焚き火台は、「CAPTAIN STAG 焚き火グリル」です。

B6サイズで持ち運びに便利なうえ、網付きなので焚き火で肉を焼いたり調理することができます。

また、他の焚き火台に比べて値段が安いのも魅力なので、要チェックです。


焚き火に使用する薪は、山やキャンプ場で拾って使うことも可能ですが、初心者の方にはあまりオススメしません。

なぜなら、焚き火に使用する薪は十分に乾燥していなければならず、その選定が難しいからです。

焚き火初心者の方は薪を購入することをオススメします。

薪はホームセンターにも売ってありますし、Amazonで買うこともできます。

薪が届いたら焚き火台に合うサイズにノコギリなどでカットし、必要な分だけキャンプに持っていきましょう。


着火剤とマッチやライター

ベテランのキャンパーさんは火打石などで火おこしをして火を育てていくという野性的な焚き火をする人が多いです。

その方がキャンプ感があって楽しいのですが、初心者の方は普通に着火剤とマッチで火をおこすのが無難です。

マッチやライターで着火剤に火をつければすぐに炎が大きくなります。

そこから枝に火を燃え広がらせて、大きな焚き火にしていく。それだけでも焚き火を楽しめます。


トング

トングは焚き火には欠かせない道具です。

薪を追加するときや、燃えている薪を動かしたりするときに便利です。

100均にある小さめのトングで十分なので購入しましょう。


軍手

トングで薪を動かすにしても、火にだいぶ近づくので結構熱いものです。

そんなとき、軍手をしておけばヤケドを防止することができます。

これも100均で揃います。


焚き火のやり方の手順

焚き火に必要な道具が揃ったら、焚き火をやっていきましょう。

手順を解説していきます。


1.焚き火台をセッティングする

焚き火をしたい場所に焚き火台をセッティングしましょう。

セッティングする場所はできるだけ枯れ葉などの燃えやすいものが周りにない場所、そして平らな場所にすると事故を未然に防ぐことができます。


2.着火剤と薪を台に配置する

次に、着火の準備をしていきます。

着火剤を2,3個置き、その上に小さめの燃えやすい枝や薪を置きます。

枯れ葉や新聞紙など燃えやすい物を同時に配置すればさらに薪に火を燃え広げやすいです。

ポイントとしては、空気の通り道を作ること。

火が起きるには酸素が必要なので、枝と枝をぎちぎちに詰めて配置するのではなく、適度に間隔をあけて配置すると効率的に燃えます。

さらに、枝を立てて置くのも効率的な燃焼に繋がります。


3.着火剤に火をつける

着火剤と枝・小さい薪のセットができたら、いよいよ着火剤に火をつけていきます。

着火剤に火が付くと、だんだんと枝に火が燃え広がっていきます。

もし燃え広がらない場合はトングで火の近くに枝を移動して火が燃え移りやすいようにしてみたり、空気をフーッと吹いて酸素を送りこみましょう。


4.枝や小さい薪が燃え始めたら大きい薪を入れる

燃えやすい小さい枝などに火が付いたなら、大きい薪を投入していきましょう。

大きい薪は一度火が付けば炎の持続時間は長いのですが、火が付くまでに少し時間がかかります。

大きい薪に火が付くまでは、小枝や小さい薪を絶やすことのないように投入し続けましょう。


5.大きい薪に火が付いたら様子をみながら薪を投入していく

大きい薪に火が付いたら焚き火が安定したといっても良いでしょう。

しばらくは薪が燃え続けてくれますが、油断は禁物。

火が小さく弱くならないよう、ある程度薪が燃えたところで新たな薪を投入して、火を絶やさないようにしましょう。


6.焚き火をやめるときはしっかりと後始末をする

焚き火を堪能し、焚き火を終わりたいと思い始めたら薪を投入するのをやめ、自然に火が小さくなるのを待ちます。

だんだんと灰になっていき、炎が無くなっていきます。

できるだけ自然に消火させ、最後には水をかけて完全消火しましょう。

消火した灰はその辺に捨てたりせず、キャンプ場の灰捨て場に持っていったり、燃えない素材の缶などに入れて持ち帰って捨てましょう。


まとめ:焚き火は準備と手順ですべてが決まる

以上、焚き火に必要な道具の解説と焚き火の手順の説明でした。

まとめると、焚き火に必要な道具は…

  • 焚き火台
  • 着火剤とマッチやライター
  • トング
  • 軍手

焚き火をやる手順は…

  1. 焚き火台をセッティングする
  2. 着火剤と薪を台に配置する
  3. 着火剤に火をつける
  4. 枝や小さい薪が燃え始めたら大きい薪を入れる
  5. 大きい薪に火が付いたら様子をみながら薪を投入していく
  6. 焚き火をやめるときはしっかりと後始末をする

でした。

焚き火は、準備がしっかりとできていなければ事故やケガのもとになってしまいますし、ちゃんとした手順をふまなければ焚き火に失敗してしまいます。

まずは焚き火台を買うところからスタートしましょう!

しかし、大変なのは慣れるまで。慣れてしまえばスイスイと焚き火ができるようになります。

それからは、火打石を使った火おこしなどに挑戦してみても面白いと思いますので、ぜひ基本的な焚き火のやり方をマスターしてみてください!