【ソロキャンプ準備】初心者は持ち物リストで忘れ物を防止しよう

キャンプ
スポンサーリンク

どうも!キャンプ経験ゼロの初心者の状態からYouTubeでソロキャンプの動画を投稿しているクロダイと申します。

ここでは、


初めてソロキャンプに行くから準備の仕方がわからない…

ソロキャンプで何を持っていくべき?

キャンプに行くたびに忘れ物をしてしまう…


という悩みを持っているあなたに、1年で10回以上ソロキャンプに行った僕が、

・ソロキャンプに行く前の準備の仕方
・ソロキャンプで最低限の必要な道具とその他の必需品
・チェックリストでの忘れ物防止方法

この3つをご紹介していきます。


スポンサーリンク

ソロキャンプ準備は「持ち物リスト」を使って忘れ物を防止しよう

結論から言うと、ソロキャンプの準備の仕方はシンプルに、チェックリストを見ながらザックに道具を詰めるだけです。

実際に僕もキャンプでは「持っていく物リスト」を見ながら準備をしており、忘れ物が激減しています。

クロD
クロダイ

そのおかげで、キャンプで忘れ物をしたことはほとんどありません。

僕の場合、このようにチェックリストを作っています。

このチェックリストはスマホのメモ帳に保存してあり、これを見ながらザックに詰め込んでキャンプの準備をやっています。

キャンプの準備はチェックリストを見ながらやれば万事解決です。


そう言われても、初めてのキャンプだからそもそも何を持っていくべきかわからないよ…


という方もいるかもしれませんので、ここからはソロキャンプに持っていくべき道具をご紹介します。


ソロキャンプに持っていくべき道具類と必需品

ソロキャンプに持っていくべき道具類と必需品をご紹介します。


ソロキャンプで最低限必要な「キャンプ道具」

最低限キャンプに持っていきたい道具は以下の12種類です。

  • クッカー
  • シングルバーナー
  • アウトドアチェア
  • ミニテーブル
  • テント
  • ペグハンマー
  • ランタン
  • ナイフ
  • 焚き火台とトング
  • シュラフ
  • マット
  • 食器類(皿、カトラリーセット、コップ)

こちらについては、別記事でも解説していますので参考にしてみてください。

ソロキャンプ初心者が最初に揃えるべき道具【失敗しない選び方】
初めてソロキャンプに行きたいけどどんな道具が必要かわからないという悩みを抱えていませんか?そんなあなたに、1年で10回以上ソロキャンプに行った僕が「最初のソロキャンプで揃えるべきキャンプ道具」をご紹介。ついでに失敗しない道具の選び方もご紹介します。

ソロキャンプで最低限必要な「必需品」

正直、大事なのはこちらです。

ここでご紹介するのは、日用品などの一見キャンプとは関係なさそうな物ばかりなので忘れがちです。

しかし、忘れると地味に困るアイテムばかりですので、忘れ物を防ぐために必ずチェックリストに加えておきましょう。

  • 軍手
  • 下着類
  • 着替え
  • タオル
  • 食材
  • まな板
  • 調味料
  • ガス缶
  • 手鏡
  • 歯ブラシ
  • スポンジ
  • ビニール袋
  • モバイルバッテリー
  • その他(例:ひげ剃り、化粧品、日焼け止め、etc…)

どれもこれも、忘れると困るものばかりです。

これらを忘れるとキャンプ以前に「生活」という意味で困ります。

例えば…

  • 食材を忘れた→持ってきたクッカーやバーナーの意味がない…
  • 衣類を忘れた→2日連続で同じ服…焚き火臭い…
  • 歯ブラシを忘れた→歯磨きできない…

また、あると地味にありがたいという物もあります。

  • 軍手→ケガの防止や、焚き火でヤケド防止
  • ビニール袋→ゴミ入れ、汚れた道具入れ
  • スポンジ→食器洗い用

といった感じです。


そして、どんなキャンプをやるかによっても、これらの必要性が変わってきます。

バーナーを使わないキャンプをするのでしたら、ガス缶は持っていく必要がありませんよね。

本当に必要なものを吟味して、あなたにとって必要なもの・不要なものをリストに追加または削除していきましょう。


ちなみに僕はこのうちのほとんどをダイソーで揃えました。

【キャンプ準備】100円ショップでマグカップやライトを購入したので紹介

ダイソーでそろえれば安く済むのでオススメ。

地味ですが道具以上に大事なアイテム類ですので、キャンプ道具以外の必需品もリスト化しておきましょう。


アイテムを入れるためのザックを紹介

最後に、これらのアイテムを入れるためのザックをご紹介します。

道具だけそろえても持っていく手段がなければ意味がないので、ザック選びも大事です。

最初は道具が多くなりがちなので、できるだけ大容量のザックを選びましょう。


こちらは僕が使っているザック。約4000円と安く、種類も豊富。

大容量なのでオススメですが、やはりキャンプ用ではないため全部入るかどうかはギリギリです。

僕が持っている道具なら、上でご紹介したテント以外の道具がすべて入ります。


Amazonで「キャンプ リュック」で検索すると上位表示されるザック。

80Lという超大容量でレビューも多数。人気のザックです。

値段も7千円台で、割と安めですね。


こちらはアウトドアブランド「DD Hammocks」が作っている信頼と実績のザック。

容量は55Lと大容量。そして豊富なポケットの数が魅力でソロキャンパーには特に人気です。

お値段は1万5千円ほどとお高めですが、有名ブランドの安定感はハンパないです。


キャンプをやるなら「ザック選び」は避けては通れない道です。

これからのキャンプで毎回使用するものとなるので、忘れないうちに好みのものを選んで手に入れておきましょう。


ザック選びも大切なのですが、全部の道具を1つにまとめるとやはり結構な重量となります。

そんな時はキャリーカーがあれば持ち運びが楽なので、一緒に買っておくのもアリです。

僕もバス移動のキャンプのときなどはキャリーカーを使ってます。


オートキャンプ(車で移動するキャンプ)でしたらワゴンという手段もありです。


まとめ:ソロキャンプに行く前に持ち物リストを見ながら準備をしよう

今回は僕のこれまでのキャンプ経験を活かし、

  • ソロキャンプに行く前の準備の仕方
  • ソロキャンプで最低限の必要な道具とその他の必需品
  • チェックリストでの忘れ物防止方法

をそれぞれご紹介しました。

ソロキャンプに行く前に、上でご紹介した必需品をそろえ、持ち物リストを見ながら準備をしましょう。

そうすれば忘れ物もなくなり、キャンプでも不便な思いをしなくて済みます。

ぜひ試してみてください。