【長崎県西彼杵郡】潮井崎公園キャンプ場ってどんな所?実際にキャンプして紹介!

キャンプ
スポンサーリンク

どうも!クロダイです!

今回は長崎県西彼杵郡にある「潮井崎公園キャンプ場」というキャンプ場をご紹介。

実際にキャンプをして、行き方や料金、キャンプをしてわかったことや感想をお伝えしていきます。


スポンサーリンク

潮井崎キャンプ場の場所は?

潮井崎キャンプ場は長崎県西彼杵郡にある、「潮井崎公園」という公園のすぐそばにあるキャンプ場です。

場所は海のそば。

ほとんど海辺キャンプ場といってもいいくらいの海の近さで、磯遊びや釣りも楽しむことができるキャンプ場となっています。

少し街の方からは外れてしまうため、行き方はバスか車が最も便利です。

近くには「潮井崎」というバス停がありますので、とにかく「潮井崎」というバス停まで来ることができればOKです。

僕の場合は、長与駅から「長与役場」まで徒歩で移動し、そこからバスで向かいました。

駐車場もキャンプサイトに近いので、乗用車で来てもよさそうです。


潮井崎キャンプ場の利用料は?

潮井崎キャンプ場は通年で利用できる無料のキャンプ場です。

利用する際は、キャンプ場に併設されている管理棟で申請をしなければなりません。

申請をするとキャンプ場のルール等を伝えられ、炊飯棟の蛇口を貸していただけます。

管理人さんがいれば当日申請もOKとのことでしたが予約はした方が良いかもしれません。

ちなみに管理棟での受付は午前9時~午後5時までとなっております。

※申請方法が変わっている場合もあります。詳しくは長与町HPをご覧ください

潮井崎公園|長与町ホームページ
長与町役場

潮井崎公園キャンプ場でキャンプしてみた!

実際に潮井崎公園キャンプ場でキャンプをしてきました!

アクセス方法は先ほども述べた通り、「潮井崎」バス停で下車し徒歩数分で到着。

街からは遠いですが、バス移動なら歩く距離も少なくて楽です。

まずは管理棟で受付。注意事項を確認した後、蛇口を渡してもらい、キャンプサイトへ。

海がすぐそこに見え、波の音まで耳に届くほどに海が近いです。

潮井崎公園キャンプ場のキャンプサイト

  • キャンプサイトは芝生
  • 炊飯棟あり
  • トイレあり
  • シャワー(温水は出ないが)あり
  • 焚き火は焚き火台があればOK
  • キャンプサイトから直で海岸へ行ける

キャンプサイトは細長く、キャンパーが多いと少し気をつかうくらいの広さでした。

木など遮るものは少ないので他人から丸見えで、プライベート空間はテント内だけです。

今回はキャンパーが3組くらいいたため、管理棟からは少し離れた場所にテントを張るしかありませんでした。


実際にキャンプをしてわかった良い点・悪い点をまとめました。

  • とにかく海が近く、さざ波のBGMが心地よい
  • 釣りや磯遊びキャンプができる
  • 水しか出ないが夏にはシャワーがありがたい
  • キャンパーと管理人さん以外の人はほとんどいない

  • 休日はキャンパー多いらしく騒がしい
  • フナムシが大量でテントに入ってくる
  • 山も近いので虫も多い
  • 陰が少なく日差しが暑い
  • 流木を除けば天然の薪がほとんど無い
  • ハンモックが張れない

釣りキャンプができるキャンプ場なので、食料調達を現地でしてもいいかもしれません。僕は釣れませんでしたがw

そのまま階段を下れば海岸なので、すぐに海に行けます。

また、芝生サイトなので土のサイトと比べると過ごしやすかったです。


しかし夏は地獄です。

虫もフナムシも多く、そして暑すぎる

ランタンに突進してくる羽虫。テントをカサカサ歩き回るフナムシ。さすがに嫌気がさしました。

テントだけでは暑さをしのげないので、タープを持って行った方がよさそうでした。

炊事棟も1つしかない為、キャンパーが多いと使いづらい所もあります。

個人的にはあまりいい思い出は残りませんでした…(笑)


まとめ:夏以外のキャンプにはオススメ!

夏はアウトドアシーズンで人も多く、虫も多く、暑いためオススメできません。

磯遊びをするデイキャンプなら楽しめそうですが、ソロには厳しい。

やるなら夕方~夜にかけてのBBQくらいですかね…

ですがオフシーズンの季節なら、静かに海の音や景色を楽しみながらキャンプができそうです。

焚き火も焚き火台があればできるので、それなりにキャンプを楽しめそうです!

ぜひ行ってみてください!