あなたは人間何周目?紳助さんの「人は生まれ変わる話」をもっと知ってほしい

マインド
スポンサーリンク

 

こんにちは!玄野ダイチです。

僕はよくYouTubeでガキの使いなどのお笑いの動画を見たりするんですが、偶然おすすめに出てきた面白い動画を見つけました。

ダウンタウンの松本人志さんと島田紳助さんがトークする「松紳」という番組の74回目で、紳助さんが話していた「人は何回も生まれ変わる」という話です。

この話が、すごくいい話で面白かっただけじゃなくて、自分以外の人に対する態度とか自分の日ごろの行いを考え直すいい機会になったので、みんなにも知ってもらいたいと思ってここで紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

前世の記憶があるチベットの10歳の女の子の話

紳助さんの知り合いの女性がチベットに行ったときに出会った10歳の女の子の話です。

チベットの学校の先生に「前世の記憶がある女の子がいる」と聞いたので、その子の親のところにインタビューに行きます。

その子の親の話によると、女の子が3歳の時に、とある町に買い物に出かけると急に泣き出して「家に帰りたい。私の家はこの近所だ。私は11歳で死んだ」と言い出したらしいです。

どうにかなだめて家に連れて帰り話を聞くと、現在のその子の親ではない両親の名前や兄弟の名前を言い出したので、その町で女の子が言った名前の人を探したところ、本当にその家族が実在しました。

それで、その家族の人たちに話を聞くと、その家族の女の子が3年前に11歳で亡くなっていたらしいです。

それが分かったので、お互いの家族で話し合いをすると、女の子が言っていることがその家族が言うことと完全に一致していたそうです。

でも現在の女の子のお母さんは、さすがに自分が産んだ子供を他の人に渡すわけにはいかないということで、現在のお母さんのところで生活をしているという、前世の記憶が完全に残っている女の子がいるという話がありました。

もしこれが本当の話だったら、人は生まれ変わるということが現実味を帯びてきますよね。

 

徳を積んだ人間はもう一回人間ができる!?

このチベットの女の子の話やいろんな人の話を聞いて、紳助さんは次のように考えました。

人は徳を積んでいったらもう一回人間ができて、悪いことばかりしている人は別の生物に生まれ変わる。

人は死んだら、まず初七日の間に裁判が行われます。

人間の時にちゃんと良いことをしたのか悪いことばっかりしてたのか判断され、人間に生まれ変わるか他の生物に生まれ変わるか裁判されます。

そして49日以内に人間か他の生き物に生まれ変わるそうです。

「生命の魂の数は決まっていて、人間が増えれば自然の数が減っていき、自然の数が増えれば人間は減る」という説から、そう考えたらしいです。

 

人間は生まれ変わるけど、ちゃんと前世の記憶を消してくれるから生きていける。

デジャブくらいで記憶が残ってるから人は生きていけるのだそうです。

すごくないですか?笑

 

そう信じれば人に対する態度を変えることができる

この紳助さんの考えた説を信じていれば、行動も思考も変えることができます。

まず前提として、人間は何回も生まれ変わることができて、何回も人間を経験している人もいれば人間が1回目の人もいるとします。

 

紳助さんの話によると、例えば電車の中でデカい声で電話しているおっさんとかに遭遇したとき、普通だったら超腹が立つところですが、「このおっさんは人間が1回目なんだ」と思えば怒りも収まります。

学生時代、隣の人と同じように授業を受けて同じように勉強してきたのに隣の人は90点で自分は30点だったとき、「隣の人は人間4周目なんだろうな」とか思えば楽になります。

お坊さんになるような考えを持った人は何十回も人間を経験しているからあんなに偉い考えを持てるんだと考えます。1周目からそんな偉い考えになるはずは無いんだと。

 

普段生活していれば知らないおっさんやおばさんなどの非常識な人にちょくちょく遭遇しますが、怒ってはいけません。

それは、悪いことをすれば他の生き物に生まれ変わるからです。

そのおっさんやおばさんにキレたせいで自分が来世に他の生き物になってしまっては元も子もありませんからね。

そういうときは、

 

玄野ダイチ
クロD

こいつ人間一回目か~(笑)初めてだから仕方ないか(笑)

と思えば怒りも静まるし、笑えてきますよ。

 

まとめ

僕はこの紳助さんの話を聞いて、考え方と行動が変わりました。

非常識な人が自分の近くにいたら怒らないで「こいつ一回目か(笑)」と思えば怒りを抑えることができるし、自分よりも優れている同世代とか年下の人がいて自分に自信がなくなりかけた時も「この人10回ぐらい人間やってんだろうな~すごいな」と思えば自信を無くしてしまうこともない素直にその人のことを尊敬することができました。

そして来世でまた人間として生まれ変わるために、悪いことはせずにいいことをして徳を積もうと思います。

道に落ちてるゴミを拾うとか、何でもいいからなるべくいいことをしようと決めました。

 

人を恨んで嫉妬して自分を見失ってネガティブな感情になるより、笑い話の対象にしてポジティブな感情になる方が絶対人生楽しいです。

これからもそういう考えをもって生きていきたい。

ぜひあなたも来世で人間ができるように徳を積んでみてはいかがでしょうか。

この紳助さんの話があった「松紳」第74回の動画は無断転載の動画かもしれないのでここでは貼りませんが、見たい方がいたらYouTubeで「松紳 生まれ変わる」とかで検索すると出てくるので探してみてください。超面白いですよ!