【長崎観光】坂本龍馬で有名な亀山社中記念館とその周辺観光レポ!

スポンサーリンク

 

どうも!玄野ダイチです。

僕は長崎で生まれ、ずっと長崎で育ってきました。

でも長崎市に住んでいるわけではないので、長崎市にある観光スポットなどはあまり行ったことが無かったんです。

特に歴史的な観光地。ディズニーランドやUSJではなく、例えば金閣寺とか清水寺みたいな、歴史的な価値のある観光地。長崎で言えば「グラバー園」とか「軍艦島」、「亀山社中」など。

 

僕はそんなに歴史とかは興味が無いので、修学旅行などのイベントで行かない限り行きたいとはあまり思っていませんでした。

でも心のどこかで「地元の観光地ぐらいは制覇したいな」と思っていて、たまたま亀山社中の近くを車で通ったときに父が「亀山社中行ってみる?」と誘ってくれたので、この前行って来ました!

歴史をあまり知らない僕でも意外と楽しめたので、レポートしたいと思います。

 

スポンサーリンク

亀山社中までの道のりが複雑

さっき「歴史を知らない僕でも意外と楽しかった」と言いましたが、いきなりクレームをつけます(笑)

でもほんとに亀山社中までの道のりが複雑すぎてw

駐車場は無いし公共交通機関もちょっと離れたところにしかありませんでした。

 

長崎ではよくある光景なんですが、ほとんどが階段と坂道と家で、同じような光景がずっと続きます。

だから自分が今どこにいるのかがGoogle Mapでもわからないw

まあ、坂本龍馬にとっては、当時は見つかるところにあると困るんだろうしそれは仕方ないですね。

辿り着くまで結構歩きました。初めて行く人はちょっと大変かもしれません。

坂道と階段だらけだし夏は相当暑いだろうなぁ。

熱中症対策と日焼け対策をしていくことをお勧めします。

 

道を何回か間違えながら近くに住んでるっぽい人に道を尋ねつつ亀山社中を探していると、こんなものがありました。

 

龍馬通りがワクワク感を演出!

龍馬通りです。

 

ある程度近くまで来ると亀山社中の看板もチラホラありました。

 

もうすぐあの坂本龍馬をはじめ、名だたる歴史上の人物たち(誰かは知らん)が極秘で使っていたという、亀山社中につくのかと思うとワクワクが止められませんでした。

ちなみに龍馬通りはほぼ下り坂で楽でした!

 

亀山社中記念館に到着!

そして龍馬通りをしばらく歩いていくと、黒っぽい建物と、数人の観光客らしき人たちが。

入口キターーーーーー!!!

やっと到着しました。僕はすでに汗だくでした。

入口からもうめちゃくちゃすごそうな雰囲気がプンプンするぜ!

 

入館料は以下の画像の通り。

個人の場合、一般の方は300円、高校生は200円、小・中学生は150円です。

団体の場合は、1人あたり一般の方は240円、高校生は160円、小・中学生は120円です。

開館時間は、午前9時~午後5時まで(最終入館は15分前まで)。

 

龍馬のぶーつ像

すぐ近くには「龍馬のぶーつ像」もあり、長崎の町が一望できます。

坂本龍馬はブーツをはいていたらしく、それが当時の日本ではとても珍しかったらしいです。知りませんでした(笑)

 

だからこうやって像があるというわけです。

こうやって写真を撮ることもできました。

 

 

靴、でかいな!!(笑)

 

亀山社中記念館、館内へ

入口から中に入ると、受付みたいなところがあって、畳の部屋が2部屋ほどあり、そこに展示品が並べてありました。トイレもちゃんとありました。

中は全体でこれだけ。「狭っ!!」という印象。

でも、展示物は龍馬の私物や書物など貴重なものばかりで、どれも歴史を感じました。

龍馬の血が飛んだ屏風とかもありました。すげえ。

龍馬たちが極秘の会議をしていた天井裏の部屋まで見ることができ、ここで歴史が変えられたのかと感動しました。

館内には、案内や説明をしてくれるガイドの方もいらっしゃって説明をしてくださったので、とても勉強になりました。

撮影禁止なものも多かったですが、写真を撮れる場所もありました。

龍馬がいつももたれかかっていたといわれる柱で坂本龍馬になりきり、写真を撮ることができます。

 

それっぽく加工してみましたw

刀はレプリカで、撮影用のものが借りれます。鞘からは抜けません。

あと、有名なこのポーズ。

 

 

この龍馬がもたれかかっている台。

これも撮影用の台があるので、このポーズをそのまま再現して記念写真を撮ることもできました。

福山雅治や武田鉄矢など、龍馬にゆかりのある芸能人のサインもびっしりとありました。

 

大迫力の「坂本龍馬の像」

亀山社中記念館を堪能した後、近くに「坂本龍馬の像」があるらしいことが分かったので、行ってみることに。

何しろ、長崎では有名なお菓子のCMにも出てくる像だから、一度は見てみたかったのです。

風頭公園という公園をしばらく歩いていくと坂本龍馬の像に辿り着きました。

 

遠くから見てもわかりました。めちゃくちゃでかい!!

この龍馬像、下の台座も入れると高さは4.7メートルあるらしいです。

青空の下で、腕を組んで長崎港を眺める坂本龍馬。

日本の未来見据えているようでかっこいいです。

 

 

今まさに「日本の夜明けぜよ。」と聞こえてきそうでした。

 

歴史好きは行ってみるべき

こうやって、僕の亀山社中観光は終わりました。

行きと帰りは徒歩で坂道や階段を進んでいかないといけませんが、辿り着いた時の達成感と歴史を直に感じることができる亀山社中ってやっぱりすげえ。

龍馬さんすげえよ。

歴史好きの人にはたまらない場所だと思います。もちろん歴史をあまり知らなくても楽しめます。

是非長崎を観光するときは亀山社中も行ってみてください!

亀山社中記念館について詳しくは長崎市のホームページの亀山社中記念館のページをご覧ください。

 

余談ですが、館内にあったこれ、坂本龍馬しか知らんかった(笑)