【長崎県大村市】野岳湖キャンプ場ってどんな所?実際にキャンプして紹介!

キャンプ
スポンサーリンク

どうも!クロダイです!

今回は長崎県大村市にある「野岳湖キャンプ場」というキャンプ場をご紹介します。

野岳湖キャンプ場の行き方や料金、キャンプをしてわかったことや感想を、キャンパー目線からお伝えしていきます。


スポンサーリンク

野岳湖キャンプ場の場所は?

野岳湖キャンプ場は、長崎県大村市の「野岳湖」という大きな人工湖のすぐそばに作られた湖畔キャンプ場です。

山の中にあるため、標高もなかなかの高さで、街からもかなり離れているので、徒歩だけで行くのには無理があります。

キャンプ場の入り口には「野岳湖」というバス停があるので、バスでキャンプ場まで来るか、駐車場もあるので乗用車で来るのが良いと思われます。

大村駅からは長崎県営バスで40分くらいかけて行くことができます。


野岳湖キャンプ場の利用料は?

野岳湖キャンプ場は有料のキャンプ場ですが、料金は割と安いです

テント持ち込み料は、4人以下のテント1つで400円。タープは持ち込み料600円という安さ。

いろいろレンタルできたり、バンガローもありますが、それらを借りなければ1人1000円以下でキャンプができます。

詳しい料金については野岳湖キャンプ場の公式サイトをご覧ください。

|| 野岳湖 || – [公式] 長崎県大村市キャンプ場

利用する際には予約が必要で、利用したい日の3日以上前に電話予約をしなければなりません。

また、火器を使用する際には申請が必要なので、焚き火などをやる予定なら予約時に伝えておくと良いですね。

そしてキャンプ当日に管理棟で受付をし、利用するキャンプサイトを決めるような流れになります。


野岳湖キャンプ場でキャンプしてきた!

実際に野岳湖キャンプ場でキャンプをしてきました!

クジラの形をしたユニークなバス停に着くと売店があり、そこから少し歩いたところに管理棟がありますので、受付を済ませます。

そしてマップや注意事項が記載された紙をもらって、火器の使用を申請してキャンプサイトへ。

この野岳湖キャンプ場は敷地が相当広く、キャンプサイトは中央サイト・東サイト・南サイトがあります。

※使えるのは中央サイトか東サイトということだったので、今回は南サイトには触れません。


中央サイト

今回利用したのは中央サイト。

美しい鏡のような水面をした湖が最高の景色です。

野岳湖キャンプ場「中央サイト」

  • キャンプサイトは土
  • 木々が多い
  • 炊事棟2つあり
  • 近くにトイレあり
  • 温水シャワーあり(有料)
  • 焚き火OK(申請が必要)
  • 釣りもできる

中央サイトだけでも結構な広さで、どこにテントを張ろうか迷うほどでした。

が、ハンモックを張れそうなイイ感じの木があったのでそこにテントを張りました。


実際にキャンプをしてわかった良い点・悪い点をまとめました。

  • 湖の景色が最高
  • 木が多く影も多いので涼しく心地よい
  • 静かでリラックスできる
  • ハンモックも張れる
  • 焚き火台が必要だが焚き火ができる
  • 木が他のキャンパーの視線を遮ってくれる
  • トイレなどの施設まで綺麗に管理されている
  • シャワーも浴びれる
  • バス釣りができる(※釣り券が必要です)
  • 薪となりそうな枝が程よく落ちている
  • たまに散歩をしてる通行人が通る
  • たまに人の声が遠くから聞こえる
  • たまに釣り人が来る

なんと言っても雰囲気の良さ。静かな湖を見ているだけでリラックスできます。

それから、隅々まで行き届いている掃除。キレイで気持ちよく過ごせました。

はっきり言って良い所だらけでした。感動しました。

静かだし景色は良いし、とてもリラックスできるので、ソロキャンプをやるには最高のキャンプサイトだと思います。


東サイト

東サイトは少しだけ覗いただけでしたが、いくつかポイントを発見しました。

野岳湖キャンプ場「東サイト」

  • キャンプサイトは芝生
  • バンガローが隣接されている
  • ファミリーキャンパーが多い
  • 木々はほとんど無い
  • 炊事棟、トイレ、シャワーあり

こちらは芝生広場のようなキャンプサイトで、実際にファミリーキャンパーが1組いらっしゃいました。

バンガロー

景色や雰囲気を静かに楽しむというより、大勢でワイワイBBQするようなキャンプサイトで、ソロキャンプにはあまり向かないような気がしました。

利用はしていないので良い点・悪い点は延べないでおきます。


まとめ:ソロにもファミリーにもオススメな美しい格安キャンプ場!

キャンプしてみた結果、非の打ち所がない素晴らしいキャンプ場でした!

利用料はかかりますが安いですし、景色も美しく、キレイに管理されているので女性キャンパーも過ごしやすそうなキャンプ場だと思います。

湖で釣りもできるので、食料調達には向かないもののブラックバス釣りを趣味でやりたい方にもおススメ。


たった一つ心配なのは、夏休みなどの学校が休みの期間。

バンガローや貸しテントなどもあり、道具類や施設も充実しているので、子供連れや学校のレクリエーションで賑わいそうな気がします。

ですのでゴールデンウィークや春休み、夏休みの時期はできれば避けた方が良いかなと個人的に思います

行って損はないキャンプ場だと自信を持ってオススメしますので、ぜひ1度行ってみてください!