穴釣りってどんな釣り?釣り初心者にもわかりやすく釣り方とコツ・必要な道具を解説

釣り
スポンサーリンク
クロD
クロダイ

どうも!クロダイと申します。

YouTubeで釣り動画を約1年間投稿しており、現在もなお、釣りの勉強中です。

この記事では、釣り初心者の方の「穴釣り」に関する悩み…


穴釣りってどんな釣りなんだろう?

穴釣りに必要な道具って何?

穴釣りの具体的なやり方やコツも知りたいなあ…


といった疑問を解決するために、小学生のころから釣りを初めて釣り歴10年以上の僕の経験を交えながら、

  • 穴釣りがどんな釣りなのか
  • 穴釣りのやり方と魚を釣るためのコツ
  • 穴釣りに必要な道具

について解説とご紹介をしていきます。


スポンサーリンク

穴釣りってどんな釣り?

穴釣りは、「岩やテトラなどの穴となっている部分に仕掛けを落として、陰に隠れている魚を釣る」という釣りです。

この釣り方は、基本的なやり方や場所選びに失敗していない限り、釣りをやったことがない人でもほぼ100%釣れます。

釣り人の間では「ボウズ逃れ」と言われる釣りで、まさに「ボウズ(釣果ゼロ)をまぬがれたいならとりあえずやっとけ!」というような釣りなんです。

僕自身も、穴釣りで釣果がゼロだったことは一度もありません。成功率100%です。

釣れる魚は主に「根魚」に分類される魚で、カサゴ、メバル、ソイなどと言われます。(経験上ほとんどカサゴですが…)

とにかく、釣って楽しい食べておいしい魚が手軽に狙える、コスパ最高な釣りが穴釣りなのです!


穴釣りのやり方とコツ

穴釣りのやり方は全然むずかしいものではないのでご心配なく。あなたもすぐに始めることができます。

なぜなら、穴釣りの仕掛け・釣り方はマジでスーパーシンプルだからです。

それでいて、魚も釣れやすいというすばらしさを兼ね備えています。

【穴釣り】ボウズ逃れでやったブラクリの穴釣りは初めてでも楽しかった!

具体的な釣り方については、僕の上げている穴釣り動画を見てもらった方が分かりやすいと思いますが、文字でも説明していきます。

  1. 仕掛けに餌をセットし、テトラや岩の隙間に仕掛けを落とす
  2. 少し浮かせて魚の反応を待つ
  3. 魚が掛かった感覚があれば釣り上げる
  4. 魚の反応が無ければ別の穴に仕掛けを落としアタリを待つ

本当にこれだけの簡単な釣りです(笑)


コツとしては、仕掛けをしっかりと底まで送り込むことです。

穴釣りで釣れる魚はやはり深い所に潜んでいるので、一番底まで届かせなければ釣果が期待できません。

仕掛けを落としているときにリールの糸の出が止まったら底に仕掛けが届いた合図なので、糸の動きをよく見ておきましょう。


特にテトラの場合は仕掛けが別のテトラの上に乗っているだけの場合があるので、底に着いたと思ったら少し持ち上げ、落とし直してみてください。

そうすると、仕掛けが転がってさらに深い所へ落ちていくことがあります。

そのようにして必ず底まで仕掛けを送り込むようにしましょう。


もし、仕掛けが障害物に引っかかって根掛かりをしてしまったときは、以下の記事を参考に対処しましょう。

根掛かりしたときの対処法
目次根掛かりの外し方の基本やってはいけないこと根がかり対策・予防策 根掛かりの外し方の基本 竿を軽くあおる まず根掛かりしたら、竿を軽くあおってラインを引っ張ってみます。 ある程度テンションをかけた後、「フッ」とテンショ

穴釣りに必要な道具

穴釣りに必要な道具の説明です。

穴釣りは非常にシンプルな仕掛けなので道具も底まで必要がないです!

サクッと揃えましょう。

  • 竿
  • リール
  • ナイロンライン
  • ブラクリ
  • エサ

ひとつずつオススメを解説していきます。


穴釣りで使える竿

自分の足元付近を狙う穴釣りには、できるだけ短めの竿を選んだ方が釣りがやりやすいのでおススメです。

なんと、穴釣り専用の竿というものもありますので、まだ一本も竿を持っていない、もしくは長めの竿しか持っていないならば購入をオススメします。

もしくは、竿とリールのセットも販売してあるので、そちらを購入しても良いかもしれません。

もしライトゲーム用の竿を持っているのでしたら、そちらでも代用が可能かと思います。

僕はライトゲームロッドで穴釣りをしています。


穴釣りで使えるリール

穴釣りで使うリールは小型のものがオススメで、1000番から2000番あたりが良いと思いますが、そこまで気にすることもないでしょう。

ただ仕掛けを落とし巻き上げるだけですので、高性能である必要がありません。

釣具屋さんで売っているような釣り入門リールで十分楽しめます。

次項で説明しますが、できればナイロンラインがいいので、ナイロンラインの巻いていないリールしか持っていないのでしたら安い入門用リールを買ってもいいでしょう。

僕は、最初からナイロンラインが巻いてある1500円くらいの入門用リールを穴釣り用に買って使っています。


穴釣りで使うライン

ライン(糸)はナイロン製がオススメです。

岩と岩の間に仕掛けを落とすので、糸は傷がつきやすいため、スレに強いナイロンラインがオススメです。

PEラインなど違うラインを使っても大きな問題はないですが、糸の傷みから大物が釣れた時に切れてしまう恐れを考えればナイロンラインが安心できます。


穴釣りで使う仕掛け

仕掛けはブラクリがオススメです。

なぜなら、ブラクリはオモリと針が一体型になった仕掛けでセッティングが簡単なうえに、丸っこい形状でテトラなどの上を転がりやすいというメリットがあるからです。

僕も穴釣りにはブラクリを使って行っており、「ブラクリだから困った」という経験もまったくないです。

いろいろ考えて穴釣り用の仕掛けを自作したりもしてみたこともありますが、結局うまくいかず、「ブラクリじゃなきゃダメだ…」と最終的にはブラクリに収束してしまいます。(笑)

初心者の方こそブラクリで穴釣りをするべきだと思います。


ブラクリとラインの結び方は「クリンチノット」という結び方が簡単でオススメなのでぜひ覚えておきましょう。ほかの釣りでも代用できます。

釣り糸(ライン)の結び方 - クリンチノット

穴釣りに使う餌

穴釣りのエサは非常に種類があります。

代表的なのは…

  • オキアミ
  • カツオのハラモ
  • 以下の切り身
  • 虫エサ
  • ワーム

特に「絶対これ!」という物はないので好きな餌を使えば大丈夫だとは思いますが、迷うのであれば安くてたくさん入っているオキアミが良いのではないかと思います。


穴釣りの注意点

穴釣りは手軽で簡単に魚が釣れる魅力的な釣りではありますが、気を付けてほしい点が3つあります。


1つは転落に注意です。

もしテトラの隙間に落下してしまうと自力で這い上がることはとても難しいため危険です。

転落しないよう極力足場の悪い場所での釣りは避け、安全に釣りを行ってください。


2つ目は、毒を持った魚です。

簡単に魚が釣れるということは、反面危険な魚も釣れる確率が上がるということです。

例えばカワハギによく似た「キタマクラ」や、「ハオコゼ」。

僕の経験上、穴釣りで毒魚が釣れたことはあまりないのですが、もし見覚えのない魚が釣れた時はむやみに触らずスマホで調べるなどして安全な魚なのか確かめましょう。


3つ目は、小さい魚を持ち帰らないことです。

穴釣りでメインターゲットとなるカサゴやメバルなどの根魚は成長に時間がかかるといわれています。

近年は小さい魚を乱獲する人が問題となっており、魚の数が減少している傾向にあり、穴釣りが楽しめなくなる恐れがあります。

一般的にはカサゴやメバルのキープサイズ(持ち帰る基準となるサイズ)は15cm以上と言われますので、15㎝よりも小さい魚は持ち帰らないようにお願いします。


まとめ:穴釣りで釣りの楽しさを学ぼう!

穴釣りは「ボウズ逃れ」といわれるほど魚が釣れる確率が非常に高い釣りです。

手軽においしい魚が釣れる、初心者の釣り入門にも最適な釣りなので、道具をそろえて挑戦してみてください!