髪を染めるメリットとは?髪色を明るくしたら良い事だらけだった

おすすめ&レビュー
スポンサーリンク

こんにちは!Fラン大学生の玄野ダイチです。

僕は大学に入学してからの4年間のうち、1年生から3年生までの3年間を茶髪で過ごしてきました。

4年生になると就活があるため黒に戻しましたが、今では茶髪に戻っています。

もう茶髪は僕のステータスだと思っています(笑)


玄野ダイチ
クロD

もう黒髪での生活なんて考えられない…!


僕がここまで茶髪にこだわる理由…それは、

髪を染めることによるメリットがありすぎるから。

この記事を読んでいるあなたは少なくとも「髪を染めることに興味がある」人だと思います。

そんなあなたに早速、髪を染めることのメリットについてご紹介していきたいと思います!


スポンサーリンク

自分に自信がついて毎日が楽しくなる

髪を染めることで、毎日が楽しくなります。

その理由は、新たな自分に生まれ変わるような気持ちになれるからです。

髪の色が変わるだけで、人間の外見は大きく変わります。


特に自分の姿なんて毎日鏡で見ているわけですから、髪色が明るくなって一番感動するのは自分自身なんですよね。

まるで今までの自分じゃないかのような感覚になるため、生まれ変わったような気分になります。

すると、今までの自分に対して持っていたコンプレックスやネガティブな感情が薄まり、変わることができた自分に自信が持てるようになります。

気分も前向きになって、毎日が楽しくなっていきます!

だから、自分に自信がない人ほど髪の色を明るくするべきだと僕は思います。


人からの印象が良くなる

自分に対する印象が良くなるのもそうですが、他人からの印象も変わります。

それも、ポジティブな印象に変わることが多いです。

例えば…

  • カジュアルな印象になり親しみやすくなる
  • オシャレ度が一気に増す
  • 表情が明るく見える

こんな風に印象が変わります。

これは決して僕の主観的なイメージではなく、髪色を変えた僕が友人や親戚から言われてきたことです。


また、一言に「ヘアカラー」と言ってもたくさんの種類があります。茶髪にもいろいろあります。

赤みが強いものやアッシュ系のくすんだ色など色味も違うし、明るさにも大きな違いがあります。

色味の違いによっても印象が異なるため、自分が持たれたい印象を狙って髪を染めることだって可能です。

自分の外見に自信がない人は、絶対染めた方が良いと思います。


オシャレ度が圧倒的に増す

特にオシャレ度は圧倒的に増します。

芸能人やモデルなど、あなたが一番オシャレだと思う人をイメージしてみてください!

大抵、そのオシャレな人の髪の色は、ただの黒じゃないはずです。

逆に、一番ダサいと思う人を思い浮かべてみてください。

髪の毛を染めているのにダサい人なんて、そうそう思い浮かばないと思いませんか?


「人気モデル」とGoogleで検索したらわかる通り、黒髪のモデルはあまりいないはずです。

髪の色をただ明るくするだけでオシャレに見えてしまうんです。不思議なことに。


他人との差別化が図れる

他の人と同じなのは嫌だ!

自分は目立ちたい!


そう思うならすぐに髪を染めた方が良いです。

なぜなら、他人との差別化を図るのであれば髪を染めるのが一番てっとりばやい手段だからです。

日本人の髪の色は黒。そして髪を染めようと思う人はそこまで多くありません。

美容師さんに聞いた話なんですが、最近は髪を明るくしたいという人が少ないらしいんです。

女性の方でも、髪を染めようと思ったことは1度も無いという人は多いとのこと。


玄野ダイチ
クロD

もったいないね~


だからこそ、他人との差別化を図るために髪を染めるなら今がチャンスなんです。

サッカーの本田圭佑選手だって、金髪にしているのは「自分だと判断してもらいやすくするため」だと聞いたことがあります。

男性は特に、髪を染める人の割合は少ないので、非常にオススメ。


髪を染めるデメリットは?

いいことづくめなヘアカラーですが、髪を染める一歩を踏み出せない原因としてよく聞く話があるので、それについて経験者として語ります。


Q.髪は傷まないの?

玄野ダイチ
クロD

A.正直、傷まないことは無いです。

ただ、僕は髪の毛のダメージとか気にしたことはなく、それよりも自分が変わったことに対する喜びや人からのイメージが良くなったことに対する喜びの方が大きかったです。

それに、目立つほど傷んでるなと思ったことは無いです。

女性のように髪が長いとどうなのかわかりませんが、男だったら全然気にならないです。

また、髪の毛が痛まないような染髪方法なども存在します。

どうしても髪の毛のダメージが気になるようでしたら、美容師さんに相談すると良いですね。


Q.色は落ちないの?

玄野ダイチ
クロD

A.落ちるけど、手入れ次第で色落ちを遅らせることはできます。

ヘアカラーをした後、せっかく染めた色が少しずつ落ちていき、最終的にただの茶髪みたいになってしまうことはよくあります。

ただ、色落ちの進行を遅らせる方法はあります

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

美容師に聞いたヘアカラーの色落ちを防いで色持ちを良くする方法6選
ヘアカラーをしてもすぐに色が落ちて茶色に戻ってしまうので、美容師さんに色落ちを防いぐ方法が無いか相談してみると、様々なことを教えてもらいました。実践してみた結果、色が長持ちし色持ちが良くなったので、その中でも最も効果があった方法を6つ紹介していきます。

Q.髪色を明るくして後悔したことは?

玄野ダイチ
クロD

A.一度も無いです。むしろ黒髪に戻して後悔しました(笑)

僕は大学生になって髪を染めるのも自由になったので髪を染めました。

髪を染めたことで不利益を被ったことは、正直一度も無いです。

強いて言うなら、バイト先で「少し暗めの髪色にしてほしい」と言われたことはありますが、そのような髪色に厳しいバイトをしなかったらいいだけのことです。


思い立ったが吉日!今すぐ美容室を予約しよう

髪の色を明るくするのはメリットしかない、ということがわかっていただけましたか?

ただ、髪の毛の色を明るくするだけ。

ただそれだけで、自分に自信もつき、人からの印象もよくなります。

ファッションセンスが無くても、オシャレ度は上がります。

こんなに簡単に自分を変えることができる方法は他にないと思います。

だから、髪の毛を染めようか迷っている人は絶対染めた方が良いです!


大学生なら特に染めるべき。

なぜなら、髪色を楽しめるのは今だけだから。

就活が始まったり、社会人になると髪を染めることが気軽にできなくなるので、この絶好の機会を逃すと一生ヘアカラーを楽しめなくなるかもしれません。

早く染めてしまった方がヘアカラーを楽しめる時期も長くなるので、今すぐ美容室を予約しましょう!


美容室予約サイトでオススメなのは、僕がいつも使っているホットペッパービューティー

口コミやレビューで失敗しない美容室を見つけることができたり、クーポンを使うことで安い金額でオシャレに変身できます。

大手の予約サイトなので信頼性も高く安心して利用できます。

新たな自分を、美容室で発見してみましょう!