釣り初心者にオススメの釣り3選と道具を紹介【3千円以内でそろう】

釣り
スポンサーリンク

どうも!クロダイと申します。

YouTubeで釣り動画を投稿しており、現在も釣りの勉強中です。

こちらの記事では…


釣りを始めてみたいけど、どんな釣りから始めればいいの?

釣りを始めるとなると、何が必要なんだろう?


といった疑問を解決するために、小学生のころから釣りを初めて釣り歴10年以上の僕の経験を交えながら

・初心者におすすめな釣りの種類
・その紹介した釣りに必要な道具

この2つをご紹介していきます。


スポンサーリンク

初心者におすすめな釣り3選と入門用の道具を紹介

結論、釣り初心者の方にオススメの釣りの種類はこちらの3つです。

  1. サビキ釣り
  2. 穴釣り
  3. ちょい投げ釣り

それぞれの釣りの解説と、その釣りをやるために必要な道具をご紹介していきます。

完全に釣り未経験という方に向けて書いていきますので、道具はなるべく費用の掛からない「初心者入門用の釣りセット」をご紹介していきます。


釣り入門の定番!「サビキ釣り」

【サビキ】海で簡単な餌釣り!10年ぶりにサビキ釣りしてみた

まず釣り初心者の方にお勧めしたいのが、このサビキ釣りです。

理由は、初心者入門の釣りとしては有名で、何より釣れる確率が高く楽しいからです。

簡単に説明すると、「仕掛けのカゴに詰め込んだ餌を水中で舞わせ、それに群がってきた魚が間違って針に食いつくことで魚を釣る」という釣り。

主に狙える魚は、食べれる魚だとアジ・イワシ・サバなど。

食べれない(おいしくない)魚だとネンブツダイ・スズメダイなどです。

釣り方は…

1.アミエビをカゴに詰めて底へ落とす

2.着底すれば竿を上下に動かしてマキエを出し、少し止めてアタリを待つ

3.アタリがなければ、またマキエを出して待つ

4.2~3回マキエを出すとエサがなくなるので、手返しする

5.アタリがあれば、竿を立ててリールを巻き始める

引用:TSURISOKU「<超入門>サビキ釣り☆必要な道具から釣り方までイラスト入りで徹底解説」

たったこれだけ。詳しくは動画を観るか、引用元を参考にしてください!


僕が小学生の時、父親に初めて釣りを教わったときも、サビキ釣りから始めたという経緯があります。

食べれる食べれないにかかわらず魚がとにかく大量に釣れたので、釣りの楽しさが体に染みついたのもサビキ釣りのおかげです。

「釣りの楽しさを学ぶ」という意味ではサビキ釣りが最もオススメ。

数が期待できるため子ども連れでの釣りとしても人気が高いです。


初めてのサビキ釣りの場合、道具は「入門用の竿&リール」「サビキ釣り仕掛けセット」「餌」を買っておけば間違いないでしょう。

以下の商品で道具をそろえれば、3000円以内で始められます!


ゲーム性が楽しめる!「穴釣り」

【穴釣り】ボウズ逃れでやったブラクリの穴釣りは初めてでも楽しかった!

続いて初心者の方にオススメの釣りは、穴釣りです。

その理由は、サビキ釣りに次いで初心者でも釣れる確率が高く、おいしい魚が釣れる釣りだから。加えて仕掛けも単純だから。

穴釣りとは、超簡単に説明すると「テトラポットや岩の隙間などの”穴”に餌を落とし込んで、食いついてきた魚を釣る」という釣り。


主に釣れる魚はカサゴ・アイナメ・メバルなどの根魚と呼ばれる美味しい魚たちです。

釣り方は…

  1. 「ブラクリ」と呼ばれるオモリと針が一体になった仕掛けに餌を付ける
  2. 付けた餌をテトラや岩の隙間に落として待つ
  3. 反応があれば釣り上げ、反応が無ければ別の穴を探る

シンプルですよね。

サビキ釣りで釣果が出にくい冬に、父親がやり方を教えてくれたのが穴釣りでした。

サビキ釣りほど簡単には釣れないですが、「どうすれば釣れるか」「どこに魚が潜んでいそうか」など、頭を使う釣りを穴釣りで学びました。

サビキ釣りよりほんの少し難易度は上がるけど、ゲーム性が加わって楽しく、比較的だれでも釣りやすい釣りなので、サビキ釣りと並んで釣りの一歩目としてオススメ。

特に、テトラや岩が多い環境が近くにあるならばやってみるべきです。


釣り道具は、「入門用の竿&リール」と「ブラクリ」と「餌」があれば始められます。

ちなみに以下の商品でそろえれば3000円以内で済みます!安い!


釣りやすさを考えるなら短めのこの竿&リールもオススメです。


投げ釣りの基本!「ちょい投げ釣り」

【ちょい投げ】キス狙いで餌釣り!初めてでも堤防から釣れました!

最後に、初心者の方にオススメの釣りは、ちょい投げ釣りです。

理由は、サビキ・穴釣りと比べると釣れやすさは劣りますが釣り方はシンプルで、仕掛けを投げる「投げ釣り」の入門として最適だからですね。

簡単に説明するとちょい投げ釣りは、針に餌を付けて、オモリの遠心力を使って遠くに投げ、食いついた魚を釣るという釣り方。

狙える魚はキス・ハゼ・カレイなどの砂場にいる魚たちです。

釣り方は…

  1. 2か所の針に餌を付ける
  2. 重りの遠心力を利用し遠くに投げる
  3. ゆっくりゆっくりと糸を巻いて魚がいる場所を広範囲に探る
  4. アタリがあれば釣り上げ、アタリが無ければ回収して別の場所へ投げる

僕の場合、もう少し難易度を上げた餌釣りに挑戦しようと思い、初めて一人で挑戦してみたのがちょい投げ釣り。

経験はなかったですが、なんとなくやってみたら2回目の挑戦で今まで釣ったことが無かった「キス」が釣れてうれしかったのを覚えています。

別の日のちょい投げ釣りでは、「キス」の大漁を狙って挑戦してみたのですが、タコまで掛かったことがあり、意外性もある面白い釣りです。(笑)

【ちょい投げ】パワーイソメにタコが…!釣り上げれるのか!?【予想外】

ちょい投げ釣りは難易度が少し上がりますので、釣果ゼロということも増えてくるし、仕掛けが海底の障害物に引っかかってしまう「根掛かり」の確立も高くなってきます。

しかし、釣れればおいしい魚が釣れたり、予想外の獲物も釣れる可能性があるため、「釣りの難しさ」や「達成感」を味わう釣りとして初心者にはオススメです。


ちょい投げ釣りの場合、「天秤付きオモリ」という仕掛けが必要になるのですが、こちらもセットで売っているのでそれを買えば失敗しません。

こちらも3000円以内で始められます。


まとめ:やってみたい釣りを選んで道具をそろえたら、さっそく海に行ってみよう!

というわけで今回は、釣り歴10年以上の僕が選ぶ「初心者にオススメの釣り3選と釣り道具」をご紹介しました!

  1. サビキ釣り
  2. 穴釣り
  3. ちょい投げ釣り

結果、餌釣りばかりになってしまいましたが、十分釣りが楽しめます。

早速、釣り道具をそろえて海に行って釣りの楽しさやすばらしさを体感してみてください。

その後、これらの餌釣りで釣りの楽しさを体感したら他の釣りにも興味が湧いてくると思います。

その時はぜひ難易度を上げて、より大物を狙ってみたりルアーという疑似餌で釣りをしてみてください!


そして僕自身、釣り動画をYouTubeに公開しています。

現在は「ライトゲーム」という初心者向けのルアー釣りに挑戦しているので、興味がある方はぜひチャンネル登録してご覧ください。