動画編集にはMacよりWindowsのパソコンを勧める3つの理由

YouTube運営
スポンサーリンク

こんにちは!玄野ダイチです。

僕はYouTubeで動画をアップロードしていますが、動画編集用のパソコン選びは相当時間をかけました。

なぜなら動画編集ができるパソコンはスペックが高く高額なものが多いからです。高額な買い物するならそりゃ慎重になります。(笑)

悩んだ挙句、購入したパソコンはWindowsのPCでした。

Macとも迷っていましたが、今となってはWindowsのパソコンを選んでいて正解だったなと思っています。


きっとこの記事を読んでいるあなたも動画編集用PCにWindowsかMacか迷っていると思うので、Windowsのパソコンが動画編集にぴったりな理由をご紹介します。

※「Windows PC」と「Mac PC」の違いについては以下の記事がわかりやすいので参考にしてみてください。

【2019年版】今更聞けないWindowsとMacの違いを解説。おすすめモデルもご紹介
パソコンを購入するときにまず悩むのが、WindowsにするかMacにするかということ。「そもそもWindowsとMacって何が違うの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、WindowsとMacの違いを解説します。

スポンサーリンク

動画編集に必要なパソコンのスペックを考えよう

Windows PCを選ぼうがMac PCを選ぼうが、動画編集をするために必要なスペックは同じです。

以下に最低限必要なPCのスペックをまとめました。

  • CPU:最低でも「core i5」。できれば「core i7」以上。
  • メモリ:最低でも8GB。理想は16GB以上。
  • ストレージ:できればSSD搭載のパソコン。

これだけあれば動画編集は可能。高性能になればなるほどストレスなくサクサク編集できます。


僕が購入したパソコンはマウスコンピューターの「MB-J371SN-M2SH2-MA」というノートパソコン。税別で15万9763円で購入しました。

スペックは、

  • CPU:core i7
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSDが256GB、HDDが1TB

という高性能のノートパソコンです。

もちろん動画編集もストレスなくサクサクできています。


Macは魅力がたくさんある!

Windowsのパソコンをオススメするのですが、Macも十分に魅力があります。

いろいろと悩んで様々な角度からPCを比較していった結果、Windowsのパソコンにはない利点をMacに見つけました。

  • どのWindowsPCにもない薄型軽量でありながらの高スペック
  • 長時間駆動のバッテリー
  • デザインのシンプルなカッコよさ

この3点についてはWindowsPCで勝るものはありませんでした。

やっぱりMacbookの一番の魅力といえば薄型軽量でカッコいいデザイン。

欲しくなるのも無理はありません。ですが僕はMacbookを選びませんでした。


なぜMacではなくWindowsを勧めるのか

じゃあなぜWindowsのパソコンにしたのか理由を説明していきます。


Macはどうしても高額になる

実は、最初はMacbook proを買おうと迷っていたんです。

ですが、Macbook proを物理的に買えない理由がたった1つありました。

それはお金の問題です。

実際に購入したマウスコンピューターのPCは全部で15万9763円でしたが、これと同じようなスペックのMacbook Proを買おうとすると、金額はこのようになります。

(※2018年モデル2019/5/23現在)

13インチMacbook Proで理想の動画編集用スペックにしたら…

  • CPU:core i7
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSDが256GB

金額:21万9800円(税別)

6万円も高くなります。こりゃ学生上がりの僕には変えません。欲しかったけどね!

ここから保障なども付けるとさらに値段が上がっていきます。


ついでに、動画編集が最低限出来るスペックのMacboob Proも見てみましょう。

13インチMacbook Proで最低限の動画編集ができるスペックにしたら…

  • CPU:core i5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:SSDが128GB

金額:14万2800円(税別)

これなら僕が購入した編集用PCよりは安いですね。

でも動画編集において最低限のスペックなので、快適に作業ができるかどうかは疑問です。

悲鳴を上げているPCでギリギリ編集するよりは少しスペックが上のPCで快適に編集がしたかったのでWindowsのPCを選びました。


Windowsパソコンの方が使いやすい操作性

パソコンといえばWindowsのパソコンで、小学校や中学校のパソコン室にあったのはWindowsのパソコンでした。

家にあったのもWindowsパソコンでした。

Macを始めて触ったのは大学生になってから。その時に思ったのが、


クロD
クロD

Mac使い方わからん!


でした(笑)

やはり長年の慣れというのがあり、完全にWindowsパソコンの操作性でパソコンの使い方を覚えてしまっているせいか、Macの操作性は使いにくくてなりませんでした。

人にもよると思いますが、Windowsの方がやはり使いやすかったですね。

Macの操作方法から勉強するくらいならWindowsパソコンを買ってすぐに動画編集をした方が時間効率がいいと考え、Windowsパソコンを選びました。

Windowsパソコンに慣れている人は完全にWindowsパソコンを選んだ方が良いと思います。


Macはシンプルになりすぎてパソコン周辺機器が使いづらい

ハードの面から考えると、圧倒的にWindowsのパソコンが優位です。

Macbookは新型になっていくにつれてどんどんシンプル化しており、外部インターフェースが無くなってきています。

現在のMacbookにはUSB-Cポートが3つとヘッドホン差込口1つしかついていません。

これが何を意味するか分かりますか?笑


SDカードが使えません。カメラの多くはSDカードにデータを保存するので、SDカードが使えないパソコンでは非常に動画編集がしにくい。

そしてUSB端子の付いたケーブルの多くも使えません。

Macbookに付いているのはUSB-Cポートで、今の段階で一般的ではない「USB Type C」の端子では無ければ使えません。

一般的なUSB端子はType Aです。スマホの充電ケーブルなどもType A。

これが使えないとなると、スマホも充電できないしカメラのバッテリーも充電できない。USBメモリースティックも使えません。Bluetoothのマウスも使えません。


…というように、Macは外部インターフェース的に見ると使いにくすぎるPC。

動画編集者にとってはかゆいところに手が届かないようなPCです。

変換アダプターを買うとしてもまたお金がかかるし、ケーブル類もごちゃごちゃになります。

それなら何の問題もないWindowsのパソコンを安く買った方がマシだと思いませんか?


結論:動画編集するならWindowsPCの方が使いやすいし割安

Mac PCにも素晴らしい機能やデザインがあります。

ですが、「動画編集をする」というだけの目的なら必要ない物ばかりです。

そして何と言ってもMacは高い!これに尽きます。

お金に余裕があるならMacでもいいかもしれませんが、お金に余裕がないなら絶対にWindowsPCにした方が良いと断言します。

後々、Windowsにしてよかったと安堵する瞬間が来るでしょう。


動画編集におすすめのWindowsパソコン

最後に、動画編集にオススメのWindowsPCを軽くご紹介。

僕が迷っていたPC でいうと、SONYの「VAIO」というパソコンはお勧めできます。

Macに負けないくらいのカッコいいデザイン。スペックも最低限の動画編集はできるくらい。

だけどメーカーのPCは、動画編集がサクサクできるスペックにすると20万を超えてしまい少し高くなります。


ですので、1番お勧めしたいのはBTOパソコンと言われるパソコンですね。

BTOパソコンとはBuild To Orderの略で、「受注生産」を意味します。
既製パソコンより詳細にパーツ構成(メモリ・ハードディスクなど)をカスタマイズすることが可能です。予算や用途などのご希望に応じて自由に選べるのが魅力です。

引用:ドスパラ「BTOパソコン(PC) とは? 」

僕がお世話になってるマウスコンピューターもBTOパソコンメーカーの1つ。

なぜBTOパソコンが良いのかというと、

  • パーツを自分好みに選べる
  • 無駄な初期ソフトが入っていない
  • とにかく価格が安い

というメリットがあるからです。動画編集者にとっては良い事だらけ。

もう一段階グレードの高いパーツを選べたりするので、僕は8GBだったメモリを16GBに変えました。予備バッテリーも1つ追加で購入しましたね。

初期ソフトも必要最低限しか入っていないので容量もたくさん確保できるし、それでいて価格が安い。

もうメリットしか見当たりません。


BTOパソコンで僕が迷っていたのは、マウスコンピューターの「DAIV」というクリエイターPCです。

動画編集や動画配信をやる前提で作られたモデルなので、動画編集にはもってこいなパソコン。

人気YouTuberも使っている人がいるモデルなので、間違いない。


ですがやはり一番推したいのは、僕が購入したモデルですね。m-Bookシリーズ。

DAIVよりも軽量。使ってみてわかる画面の綺麗さに、編集がサクサクできるスペック。

迷ってるならぜひおすすめしたいパソコンです。

他にも魅力的なパソコンがマウスコンピューターにはたくさんあるので、一度見てみる価値はあります。


BTOパソコンメーカーはマウスコンピューターだけではありません。

ドスパラパソコン工房といったあたりが特に有名で人気です。

BTOメーカーによってデザインもまったく異なるので、よく吟味してパソコン選びをやってみてください!

買うときはスペックに気を付けてくださいね。