大学推奨パソコンは買うな!大学生活に必要なPCの賢い選び方とは

人生
スポンサーリンク

こんにちは!Fラン大学生ブロガーの玄野ダイチです。

大学生になると、ほとんどの場合パソコン購入を勧められると思います。

ですが、パソコンについて詳しくないと、どのようなパソコンを買えば良いのかわからず悩む方も多いでしょう。

そこで、本記事では現役大学生の僕の目線で、

  • 大学生活にパソコンは本当に必要か?
  • 大学生奨PCを買うべきか、買わないべきか?
  • 大学生にオススメなPCってどういうの?

という3つの疑問にお答えしていきたいと思います。


スポンサーリンク

大学生活にパソコンは必要?

結論から言いますと、大学生にパソコンは必須ではないけどあると非常に便利です

厳密に言うと「大学生にパソコンが必要かどうかは人にもよるし、学部・学科、PCの用途にもよります。」

…という面倒くさいお話になってしまうんですが、全大学生に言えることは


玄野ダイチ
クロD

あったら大学生活が楽になるよ!


ということです。

例えば、授業でレポート提出の課題が出されたとき、レポート作成がWordだったり、提出方法がメールだったり、大学では多くの場合に電子データを扱います。

かと言って、ほとんどの大学には学生が自由に使えるパソコンが備え付けてあるため、自分用PCは必須アイテムでは無いです。

実際に僕の通っている大学でも自分のPCを持たず学校のPCで作業をする人はいました。

それでも、自分用PCがあると

  • いつでもどこでも好きな時に作業ができる
  • スマホではできない好きなことができる

というメリットが生まれます。


大学に行かずとも、家で好きな時間にレポート作成などができます。家で誰の目も気にせず、コーヒーを飲みながら書けます。

そうすれば、授業が無いのに大学に行く手間も省けるし、交通費も浮きます。

それに、時間に余裕がある大学生活なので、PCを使ってスマホではできない好きなことも自由にできます。

自分用のパソコンで、僕のようにブログをやるもよし、ゲームをやるもよし。

パソコンが無ければできないようなサークル活動もでき、自分の行動の幅が広がってきます。

だから、大学生はパソコンを買うべきだと僕は考えます。


大学推奨のPCは買うな!

じゃあ、大学が案内してきた大学推奨のPCを買おうかな~ 」と考えているあなた。

ちょっとまって!!


パソコンに詳しくないし、どのパソコンを選べばいいかさっぱり。

大学がオススメするPCなら間違いないっしょ。


という気持ちはめちゃくちゃわかります。

ただ、大学推奨PC購入経験者の僕から一言言わせてください。


玄野ダイチ
クロD

大学推奨PCはやめとけ。


僕が購入して失敗した15万円の大学推奨PC

こちらは、僕が2015年入学時に購入した大学推奨パソコン。


富士通の「LIFEBOOK SH75/T」のメモリ8GBモデルです。

価格は145,000円で、主要スペックはこんなもんでした。

CPU:Core i5

メモリ:8GB

HDD:500GB

これに、4年間の保証・ウイルス対策ソフト4年間保証・Office・オンライン学習サービスアクセス権などが付属しました。

買う前によくPCについて調べておけば、更に良いPCが同じ値段で買えることに気づけたはず。

買って後悔しました。


大学推奨PCは無駄が多いくせに高額

大学推奨PCが高額なのは、無駄にスペックが高い&無駄にソフトが入っている&無駄に付属品が付いてるのが原因です。

一般的な大学生なら、PCを使う用途はほとんどがレポートなどの文書作成やプレゼン資料作り。あとはネットで調べものができたりすれば十分だと思います。

ということは、大学生に必要なソフトは「Office(Word・PowerPoint・Excel)」と「ウェブブラウザ」くらい。

100歩譲って4年間の保証は受け入れるとしても、ウイルス対策ソフトなどは無料のソフトでも十分代用できる時代になっています。

付属の「オンライン学習サービスアクセス権」とかの学習用サービスなど…1度も使ったことないし、いりません。


大学生活で必要最低限のソフトを使うだけなら、スペックは

CPU:Core i3以上

メモリ:4GB以上

HDD:500GB以上

これくらいあれば十分になってきます。

理系学生で自分のPCも使って研究がしたいのであればもう1ランク上のPCが良いと思います。僕が買った大学推奨PCくらいのスペックでちょうどいいかも。

それでも無駄なソフトが入った大学推奨PCは高額なので買わない方が良いです。


大学生にオススメのPCの買い方は?

大学生活に最低限必要なPCスペックを確認できたところで、具体的にどんなパソコンがオススメなのか見ていきましょう。

上で確認した以上のスペックに加え、持ち運びに便利なパソコンをいくつかピックアップしてみました。


有名どころからご紹介するならば、Microsoftの「Surface Go」とかどうでしょうか?

キーボードと合わせても、重量が約765gという持ち運びやすさが特徴。

別売りのキーボードと合わせて買っても8万円以下。人気も高いみたいです。


Dellのノートパソコン「Inspiron 11」も大学生にはおすすめのPCです。

スペックもそこそこで、普段使いには何の問題も無いでしょう。

Office搭載モデルを選んでも、5万円程度でお安い。


ASUSのパソコンも安くて高性能な商品が多いのでおすすめです。

こちらは11.6型とコンパクトで持ち運びに便利。バッテリー駆動時間も最長約15.1時間と、外出先でも使いやすいPCです。

価格は3万円台。Officeは別途購入しインストールが必要です。


研究でも使いたい、もう少しスペックの高いPCが欲しいという方には、「BTOパソコン」が非常におすすめです。

BTOパソコンとは、自分でCPUやメモリなどをカスタマイズできるパソコン。

もちろん組み立てはメーカーが注文通りやって自宅に商品を届けてくれます。

マウスコンピューターの「MB13ESV」などが使いやすいかもしれません。


BTOパソコンなら、無駄なソフトも一切入っていません。

価格も安く、性能も高いコスパのいいPCを買いたいならBTOパソコンが良いでしょう。

BTOパソコンショップでは、「マウスコンピューター」や「パソコン工房」が有名なので一度チェックしてみると新たな発見があるかもしれません。

ちなみに、この記事を書いている僕のPCもマウスコンピューター製です。(笑)

自分に合ったパソコンを選んで大学生活をエンジョイしましょう!